ブログ

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は 人の心に灯をともす さんから
【言葉の贈り物】
小林正観さんの心に響く言葉より…

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

自分の口から出てくる言葉が、温かい言葉、人を優しくする言葉、明るくする言葉でしかないように、自分の口から出てくる言葉を彩(いろど)りたい、って考えた人がいます。

良寛和尚(りょうかんおしょう)という人です。

良寛さん。

この人は幕末の人で1831年に74歳で死んだんですね。

非常に貧しい乞食坊主だって自分で言ってまして、自分は人に対して物やお金を贈り物として与えることが全然できない。

でも、いつも人に対して何かを贈りたいと思っている。

では、自分に贈れるものは何か。

それは「言葉」である、っていうふうに言っていた人なんですね。

自分の口から出てくるすべての言葉が、人を温かくする言葉、そういうものでありたいって規定をして生きてきた人だったんですが、この思想を「愛語(あいご)」と言います。

私は、それを聞いてハッとしまして、それまで「“不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句”を言わないようにしましょう」と言っていたんですけど、良寛さんのこの話を聞いたときに、それらを言わないだけではなく、それをゼロにするだけではなくて、私の口から出てくる言葉は、はっきりとした自覚をもって、人を温かくする言葉、明るくする言葉、優しい気持ちにする言葉、励まし続ける言葉…そういうものしか、もう自分の口から出てこないようにしようって決めたんです。

で、それを続けていくと、これまでも私は友人・知人にすごく恵まれてきましたが、その人間関係の厚みがもっと増した気がしてるんです。

そういうものだけで自分の言葉を彩るって今日から決意をすると、人間関係が多分変わってきます。

自分の口から出てくる言葉全部が、人を温かくするもので規定をして、その言葉を贈り物とする人は、豊かな人っていうんですね。

お金や物っていうのは、あげてしまうと自分のところからは無くなります。

でも、言葉というのはいくら出してあげても、無尽蔵に存在するものなんです。

と同時に、それを外に出さない限りは持ってないのと同じなんです。

言葉は、出せば出すだけ贈り物になる。

出して初めて存在が確認されるんです。

だから、心の中でいくら思っていても、それは出さなければ絶対、贈り物にはならないんです。

「今日はそのネクタイ似合ってますね」って思ったら言ってあげる。

「今日はそのスーツ素敵ですね」って思ったら言ってあげる。

それが、その人を励ましたり、勇気づけたり、元気づけたりする言葉であるならば、全部それが贈り物になるってことです。

で、そういう言葉を贈り物にできる人が、実は本当に豊かな人になるんですね。

いくら出しても無尽蔵に存在するものを私たちはたくさん持っているんですから、独り占めはしないでくださいね。

あなたの出す温かい言葉は、すべて贈り物なんですよ。

たくさんの贈り物を届けてあげませんか。

『で、何が問題なんですか』弘園社

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ 

言葉のプレゼント!
素敵です。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は 人の心に灯をともすさんから
【すべては必要、必然】
川北義則氏の心に響く言葉より…

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ 

プラス思考という言葉は、知らない人がいないほど普及したが、正しい理解をしている人ばかりではないようだ。

「何でもよいほうへ考えればいいんでしょう」という人がいるが、決してそうではない。

経営コンサルタントだった故・船井幸雄氏が、生前、実にうまい表現をされていた。

「どんな出来事でも、自分の身に起きたことは、すべて必要、必然として受けとめるべきである」

これが究極のプラス思考であると思う。

たとえばガンで「余命半年」と宣告されたとする。

その事実を「自分にとって必要、必然」と受け止めることが、真のプラス思考の考え方なのである。

そこから先は考慮の外である。

これは、あきらめだろうか。

いや、決してそうではない。

ガンでさえ「自分がよりよく生きるために必要なことなんだ」という覚悟が、ときに奇跡的な治癒例を呼ぶ。

プラス思考の反対はマイナス思考である。

何でも悪い方へと考える。

ガンと宣告されたわけでもないのに、咳(せき)が止まらないと「自分は肺ガンだ」と思うのがマイナス思考である。

人はマイナス思考にとらわれることのほうが圧倒的に多い。

意識しないで、どちらの考え方に傾くかを調べると、七割はマイナスに考えるという。

人間の運命はしばしばその人の考えた通りになるから、マイナス思考にとらわれてばかりいると、それが現実化する恐れが多分にある。

間違ったプラス思考では、少しも心は安らぐことがない。

一種の嘘を無理やり信じ込ませようというのだから、むしろストレスが強くなる。

もう偽物のプラス思考につきあうのはやめよう。

「すべては必要、必然」と受けとめることだ。

不思議なことにこう思い切ると、なぜかすべてが好ましい方向へと動き出す。

なぜだかわからないが、そうなのだ。

『「いい加減」なのに毎日トクしている人 「いい人」なのに毎日ソンしている人』PHP研究所

「人の心に灯をともす」

http://merumo.ne.jp/00564226.html

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ 

楽しく楽しく。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は過去にも載せた内容 たすいちさんから

『ドケチなご主人に泣いた・・・』

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○

時は江戸時代、
ケチで有名な大商人の山中利右衛門、
丁稚奉公で商人道を学びに来たものの
そのあまりのケチっぷりに
奉公人は愚痴ばかり・・・

「ここの食事と言えば麦飯にタクワンばかり。
大晦日と言っても蕎麦なんて出てきやしないだろう」

掃除が終わって大広間に呼ばれた奉公人、

そこに在るのは
豪華な食事と金の包みが高く積まれていた

なんで?

ケチなあの人が?

え?裏が在る??

きょとんとする奉公人に、
一人図ずつ、
金を分け与えながら利右衛門は言いました

「普段、みんなから
どんなにケチだと言われても
気に留めないでいられたのは、
本当の節約がどんなものか知ってもらいたかったからだ。

この金の包みも、
みんなが日々、
タクアンと麦飯で耐えて来たからこそ出来たもの。

立派な商人になるにはこうした心がけが大事なのだ」

奉公人は感動し、
利右衛門のような立派な商人になろうと、
いっそう仕事に励んだそうです

(人生はZOOっと楽しいより)

自分をごまかして妥協するのは簡単だ

でも成功したかったら

人より少し厳しく、

そして、

人より少し努力しなければいけない

トニー・グウィン

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ 

僕に節約できるかなぁ!

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は たすいち さんから
『麦踏み・・・』

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

麦踏み
って聞いた事在りますか?

僕は最近知ったのですが、
麦を栽培するとき
「麦踏み」といって
こんなに踏んだら
ダメになってしまうんじゃないかって言うくらい
麦を踏みつけるそうです

そうすると、
麦は太くたくましく育つそうです

大自然では
植物が芽を出そうとしても
上に石があり芽が出せない事がある

その石にぶつかって
僅かに植物が傷ついた時

その傷口からエチレンが放出され、
その成分は茎を太くし、
石を押しのけながら育って行くそうです

アスファルト押しのけながら育つ雑草や花なんか
たまに見かけますよね

大きな石が在るからこそ
太くなる

踏まれるからこそ強く育つ

そう

きっと
障害は人を強くする為にある

押忍!
I have a dream

a0001470170@mobile.mag2.com

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ 

人も草も適度に揉まれ強くなるんですね。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は 人の心に灯をともす さんから
【品格を教えるテキスト】
齋藤孝氏の心に響く言葉より…

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ 

元横綱・朝青龍は、「品格のことは正直わからない」とコメントした。

そこには、理解しようとしない彼の傲(おご)りも否めないが、日本人にしか感じることのできない品格に対するイメージへの戸惑いがあったのも事実だろう。

「品格」とは、その人やその物に感じられるおごそかさや上品さをいう。

品格という言葉を説明すればそのとおりだが、私たち日本人は言葉では表せないイメージをもって、それを感じることができる。

藤原正彦さんの著書「国家の品格」がベストセラーになったとき、私たちは「国家というものにも品格があったのか」と目からウロコだった。

人物評価においても品格は大きな部分を占めている。

「そんなことしちゃ品がないでしょう」と子供のころに注意されたことのない人はいないだろう。

それは、日本人の大切な財産である。

しかし今、品格を教えるテキストはなく、それを教えられる人も少ない。

その意味で『金言童子教』があった江戸時代は恵まれていたのかもしれない。

『「座右の銘」が必ず見つかる寺子屋の人生訓451』小学館

江戸の教科書『金言童子教』は寺子屋で使われていた「品格を教えるテキスト」。

その中には、こんな言葉がある(同書より)

■訴訟を好むこと無(な)かれ、富を以(もっ)て貧しきを呑(の)むこと無かれ

人との争いを好み、訴訟などを起こしてはいけない。
また、自分に財力があることで貧しい者を圧倒してはいけない。

■身を終わるまで路(みち)を譲りても、百歩を枉(ま)げず(唐書・朱敬則伝)

人に道を譲ったとして、一生のうちに百歩までの損はない。
ゆえに道を譲ること。

■人を責(せ)むるの心を以(もっ)て、常に己(おのれ)を責(せ)むべし

人は自分に甘く、人に対して厳しくなりがちだが、自分に対しても厳しくありなさい。

いずれの箴言(しんげん)や金言も、そんなことしては品がない、という教えだ。

箴言とは、戒(いまし)めや教訓となる短い言葉や格言のこと。

「言葉遣いが乱暴」「あたりかまわず大声で話したり、大笑いしたりする」「大きな口をあけてあくびをする」「人前で威張る」「お金のことばかり話をする」といった、礼儀知らずだったり、余裕のない人は、「品がない」と思われる。

つまり、自己中心的で、他人のことを考えない人。

『「品格」とは、その人やその物に感じられるおごそかさや上品さをいう』

品がある人でありたい。

■「人の心に灯をともす」

http://www.facebook.com/hitonokokoro

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○  

自然体で誰とでも、馴染める人で有りたいです。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は たすいちさんから
『食べるほどに痩せる方』

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ 

心理学博士の
小林正観さんが研究されていた
性格病理学

これが興味深いんです

人間というのは

ストレスがたまると
→疲れる
→コリや張り、傷みが出る
→臓器の故障

という流れで病気になるケースが多いのですが
その原点はと言うと
『ストレス』なのです

つまり、病気は心の問題と密に関わっているのです

それを正観さんは
長年調査してみて
分かった事

例えば、
花粉症の人に多い性格は
「完璧主義者」

そして、在ったんです、

太っている人の共通点

それはある口癖

「私って、何を食べても太っちゃうのよね?」
と言いながらモノを食べる

「わたし、水を飲んだだけで、太っちゃうのよね?」
と言いながら水を飲む

「この一口が私を太らせるのよね?」
と言いながら寝る前に食べる

この三つが、太り気味の人の共通点なんだそう!

心当たり在りました?笑

そう言いながら食べるだけで
体は太るそうです

これも、いわば、言葉の力!

正観さんは、人の5割増しくらいよく食べていたのですが、
それでも太らなかったそうです

その口癖
「私って何を食べても絶対に太らないんです」

これ、本当に効果在ります、

僕は、根っからの大食いなのですが
僕も振り返ってみると、
そう、豪語している時は
太らないんですよ、
確かに。

ということは・・・

思いつきました?

そう、
『食べれば食べるほどやせちゃうのよね?』
そう言いながら、食べたら
どうなります???

そう、効果在るそうです

「食べれば食べるほどやせちゃうのよね?」
なんて言いながら食事をしただけで
70キロの女性が
二ヶ月で4キロも痩せてしまったそうです!!!

という訳で、
『この一口で、やせちゃう!』
そんな口癖はいかがでしょうか?

大好きなひすいさんの3秒セラピーより

自分の言葉と意識で
体重も想い通り?♪

a0001470170@mobile.mag2.com

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

言葉の現実化ですね。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は たすいちから
『書物を旅する・・・』

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ 

仏教って何ですか?

その問いに
薬師寺のお坊さん、
大谷徹奘氏は
こう答える

『仏教は予習です』

人は必ず老いるし
病むし、死ぬ

その予習を考えてますか?

病気になって不摂生を反省しても
死の床について、死にたくないと言っても
それでは、「手遅れ」
遅いんです

「津波が来たら高台に逃げるのだ
大人は頼りにしないで
上のお兄ちゃんは下の子達を連れて行くのだ」

先生がちゃんと指導し続けていた

在る町では
東北大震災の時の津波で、
町で一人も死ななかったと言う

『人は病むのだ、
迷いが在るものだ、
上手く行かないものだ』

そういう事を予習しておいたら
その局面で、
私たちはビックリせず対処出来る

自分だけは大丈夫、大丈夫だったから・・・

そのちょっとした心の隙が
思わぬトラブルや
大きな迷いに繋がる事が在る

だから、
仏教に限らず、
幸せへのガイドブック、先人の教えを
読んで知っておく必要が在る

「人生は一冊の本に似ている。
馬鹿者たちはそれをペラペラとめくっていくが、
賢い人間は念入りにそれを読む。
なぜなら、
彼はただ一度しかその本を読めないこと
を知っているからだ。」
ジャンパウル

「全財宝をあげても、
読書の楽しみには耐え難い 」
エドワード・ギボン

「偉大な発見は、
いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。
膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ」
キュリー夫人

「自分の価値は読書 量で決まる」
成毛眞

「私が人生を知ったのは、人と接したからではなく、
本と接したからである。」
アナトール・フランス

ナポレオンも
二宮金次郎も
読書好きだった

そして、
書物の中に
道を切り開くヒントはたくさん在ったのだ

晴耕雨読

書物を読みふけりながら
たくさんのアイディア、武器を備え
行動し選択して行きたい

I have a dream

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

備えあれば、、、ですね。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は 人の心に灯をともすさんから
【天下無敵の家訓】
齋藤孝氏の心に響く言葉より…

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ 

「万人と睦(むつ)び、
あらゆる人から好意をもたれるように、
一人一人にもれなく言葉をかけ、
貧しいような者には憐(あわれ)みの情をかけ、
妻子身内の者に至るまで、
常に笑顔で接して、
怒った様子を見せてはならぬ」

“北条重時(ほうじょうしげとき)「六波羅(ろくはら)殿御家訓」第一条”

この家訓を残したのは鎌倉時代の武士、北条重時です。

北条重時は、鎌倉幕府第二代執権・北条義時(よしとき)の三男に当たる人物です。

北条政子(まさこ)の甥(おい)に当たる重時は、六波羅探題(たんだい)北方、鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、執権政治の安定に大きく寄与した人物として知られています。

鎌倉時代の武士というと、厳(いか)めしく、少々荒っぽいイメージもあるので、「笑顔でいろ」と家訓に書いていたのは少し意外な感じがします。

武士たるもの、そんなに簡単に笑ってはいけない。

いや、そもそも武士が笑ったのだろうか、というのが現代人の武士に対するイメージだと思います。

この家訓は、そんな私たちのイメージが思い込みに過ぎないことを教えてくれます。

何しろ「常に笑顔でいなさい」と言っているのです。

外国人は、日本はどこの店に入っても笑顔で応対してくれるので印象がいいと言いますが、その「笑顔」はなんと鎌倉時代から続く日本の伝統だったのです。

しかも、この家訓では、他人に対してだけではなく、妻子や身内に対してまで笑顔でいろと言うのですから徹底しています。

さらに、貧しいものには哀れみの情をかけて、一人ひとりに漏れなく言葉をかけなければだめだというのですから、仕事場でも笑顔、家庭でも笑顔、親戚の集まりでも笑顔と、まさに文字通り「常に笑顔」でいなければなりません。

たかが笑顔と思うかもしれませんが、それが常にということになると、これはかなりの「人格」が要求されます。

では、なぜ北条重時は常に笑顔でいなさいと言っているのでしょう。

実はこの理由がまた意外で、「すべての人と仲良くして、よく思われるようにしなさい」ということです。

しかもこの家訓は北条重時の残した家訓のトップの項目なのです。

人は大切なことを伝えるとき、たいてい一番最初か最後に書くものです。

ということは、これは彼の家訓の中でもかなり重要なものだということです。

「天下無敵というのは敵をバッタバッタとなぎ倒すことではないんだよ。天下に敵がいないということなんだ」

これは、ある出版社の方から養老猛司(よろうたけし)先生の言葉として伺ったものです。

テレビを見ていると、「この人は、敵なんていないんだろうな」と感じることがあります。

一口で言うなら好感度の高い人です。

そういう人は、無理をしなくて済むので悠々(ゆうゆう)としています。

好感度の高い人というのは、おしなべて笑顔の印象があります。

それも自然な笑顔です。

普通にしているのに天下に敵がいない「天下無敵」の人がもしいるとすれば、それは確かに「万人と仲良くして」、「常に笑って怒る姿を見せない」人なのかもしれません。

『最強の家訓』祥伝社新書

斎藤一人さんのこんな言葉がある。

「いつも笑顔でいるんだよ。
何でもいい、光る物を身につけて、いつも笑顔でいようよ。
太陽のように、いつも明るく輝いていようよ。
そして、愛のある言葉を話すんだよ。
そうしたら、会う人、会う人が、みんな味方になってくれるよ。
『無敵』というのは、誰にも負けないということじゃないよ。
敵がいないということだよ。
敵がひとりもいなければ、それだけでこの世は天国だよね。
笑って、無敵の人生を歩こうよ」

“斎藤一人 笑って歩こう無敵の人生(KKロングセラーズ)“”より

「人の心に灯をともす」

http://merumo.ne.jp/00564226.html

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○

笑顔は世界共通ですね。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は たすいち から
『そうしたら、苦しみが無くなった』

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

人間って自分で選んだ道は頑張れる

薬師寺のお坊さん、大谷徹奘氏の言葉より・・・

自分で選んだと言う事で
腹をくくれば、
多少困難が在っても
人は歩けるのです

苦しみは私たちの外側に
ハエや蚊の様に
飛んでいるのではなく
人の内側に居るのです

「五蘊皆空、度一切苦厄」

お釈迦様はこう言っている

「全ての苦しみを作っているものが
なんだか分かった
愚かな自分、
足らない自分である事が分かった
そうしたら、苦しみが無くなった」

一回やって奇麗にならなければ
二回洗えばいい
二回やってダメだったら
三回洗えば良い

『自分が大切だと信じるものを
自分が大切に育て続ける
それが全てだと
私は思う』

高田和上

I have a dream
a0001470170@mobile.mag2.com

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ 

全ては自分次第ですね。

おしまい。

magoの挑戦。

magoはヘアーサロンです。
髪を切って、心が晴れ晴れするサロンでもありながら、コミュニティーの場でもありたい・・・と、日々頑張っています。

これからも、日々得た情報を、magoフィルターを通してお伝えさせて頂きます。
ブログに掲載する内容は、色々な方から得たお話です。

今日は 100人の1歩より
[出来事の意味]

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○

自分の身の回りに起こる出来事にはすべて意味がある。 

人生に起こる出来事はすべて、
人生の目的を実現するために必要だから生じているのです。

この考えを受け入れられるようになれば、
いままで見過ごしてきた出来事にも注意を払えるようになります。

そして、いまの人生がどうであろうとも、
自分に与えられた状況を足場に、
学習し、成長していくことで
次のより高いステップを選択できるようになるのです。

一瞬一瞬が、人生の目的を発見するための大切な足場であり、
次の段階に進んでいくための創造的チャンスなのです。

自分の視点を外から内側に向けて、
あらゆる出来事が起きた意味を見つけ出す努力をしてください。

~~~

出典[人生の意味]
キャロル アドリエンヌ著
主婦の友社より

00551553s@merumo.ne.jp

~ ○ ~○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

気付きの一歩ですね。

おしまい。